長田医院の医学学会参加の一覧

  • 医院のご案内
  • 治療のご案内
  • 休診日・診療時間のご案内
  • 当医院へのアクセス地図

先進医療認定施設

長田眼科は、厚生労働省による先進医療認定施設です。
多焦点眼内レンズを用いた白内障手術で保険が適応できます。

白内障手術に多焦点眼内レンズを用いると、ピントが合う距離が複数あり見え方に違和感が少ない生活がおくれます。

先進医療と費用

先進医療

先進医療とは、厚生労働省から承認を受けた限られた医療機関でのみ行う、一般診療で認められている医療の水準を超える先進的な医療行為をいいます。

先進医療は治療としては確立しているものの、まだ健康保険の適用が認められていないため、患者さんは全額自己負担しなければなりません。
しかし、先進医療施設に認定された医院で多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を治療すると、術前術後の診察保険が適応できます。また、生命保険の『先進医療特約』の対象になり患者さんの医療費負担が軽減されます。

多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建手術(白内障手術)費用

片眼・・・390,000円 両眼・・・780,000円
手術前・手術後の診察・検査・薬代は、保険診療となります。
先進医療に認定されている施設の治療費負担

当医院で承認の先進医療

白内障手術おける”多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術”が認可されています。

人の水晶体に備わっている、遠近のピントを調整する機能は白内障手術に使用される眼内レンズには備わっていません。従来の単焦点レンズは遠近どちらかにピントを合わせます。合わせた距離からはずれた部分はぼやけるため、眼鏡などでの矯正が必要です。
多焦点眼内レンズは遠近の両方にピントがあり人の水晶体に近い状態になります。

PAGE TOP